呼び出しベルを導入は企業と顧客双方のメリットに繋がる

呼び出しベルを導入は企業と顧客双方のメリットに繋がる

呼び出しベルを活用して効率化を図ろう

受付嬢と話すサラリーマン

呼び出しベルといえば、受付に置いてあって押して音を鳴らすタイプのものを想像されるでしょう。しかし、近年では、大型のフードコートで見かけるような電子式の呼び出しベルをお客様に交付するコールシステムが主流です。
セルフサービス形式の飲食店でなかったとしても、電子式の呼び出しベルを使ったコールシステムを利用することは経営の効率化の点で大変おすすめです。お客様のニーズは、このコロナ禍で混雑や順番待ちを一層避ける傾向があります。呼び出しベルがあれば、お客様も順番待ちの際に場所を拘束されることなく待つことができ、また、順番がきて呼ばれても気づかなかった、店員さんを呼んだのに気付いてもらえなかったという苦情もこれでなくすことができます。最近では、医療機関(病院や調剤薬局)でも順番待ちの患者さんに呼び出しベルを渡すところも増えてきています。患者さんは待合室内で待たされることなく、密を回避することが期待できます。また、介護施設でもナースコールのために呼び出しベルを利用しているとこともあるようです。
この機会に、電子式の呼び出しベルを使ったコールシステムの導入を考えてみてはいかがでしょう。デモ機を一週間無料レンタルできるところもあるようです。