呼び出しベルを導入は企業と顧客双方のメリットに繋がる

呼び出しベルを導入は企業と顧客双方のメリットに繋がる

飲食店で業務を効率化するために呼び出しベルを活用しよう

無人の受付カウンター

飲食店ではスタッフにさまざまな業務がありますが、できるだけ効率よく仕事をしてもらう環境づくりが大切です。お客様からの呼び出しにもきめ細かくスタッフは応じなければならないので、フットワークの軽さが求められます。しかし、スタッフの能力だけにゆだねるのではなくコールシステムの改革をしてみることもとても重要です。呼び出しベルを活用している飲食店も増えているものの、中規模以下の飲食店だとまだまだ導入されていません。

呼び出しベルを使うと、お客様の要望にすぐに応えられるようになります。お客様からの呼び出しは、水の追加やメニューの追加、質問への対応などいろいろとあるでしょう。そんな時でも即座に対応できるので、お客様を待たせることもありません。お客様が大きな声を上げたり手招きしたりする行為を何度もしなければならないのは、あまり気持ちが良いものではないでしょう。

飲食店で呼び出しベルを導入すると、業務の効率化は歴然です。人手が足りていないところこそ、呼び出しベルを活用してみるのがおすすめです。すぐに、スタッフを増やすよりも呼び出しベルの設置にコストを費やす方がトータルで見ると経営面にもプラスになります。お客様の要望にすぐに対応できる環境を経営者も整えることで、スタッフが働きやすい職場も目指せるので、双方にもメリットがあるわけです。