呼び出しベルを導入は企業と顧客双方のメリットに繋がる

呼び出しベルを導入は企業と顧客双方のメリットに繋がる

業態転換時の呼び出しベル導入のポイント

受付に置かれた呼び出しベル

ラーメン店が居酒屋に業態転換するなど、飲食業界では時代の流れに合わせて経営スタイルを変更することがよくあります。またカウンター席のラーメン店ではすぐに注文を取れても、テーブル席の居酒屋では難しくなります。しかし呼び出しベルを個別のテーブルに取り付けると、ドリンクや料理などのオーダーもすぐに取ることができます。店舗の規模やレイアウトに合わせて製品を選ぶのが、初めてコールシステムを導入する場合のポイントです。また呼び出しベルの1週間無料体験を実施する業者もいくつかあるので、導入前に実際に使ってみることもできます。特に送信機を自由に増やせるシステムは、店舗を頻繁にリニューアルする居酒屋などにも手ごろです。また通販では2万円台で呼び出しベルを買うことができますが、価格だけではなくて機能にも注目するのが理想的です。そして様々なデザインの送信ボタンが選べるシステムは、店内のインテリアに合った呼び出しベルを購入したいと考える経営者にも好評です。水や衝撃にも強い製品は、店舗の業態を問わずに安心して使い続けられるのが魅力的です。また消費電力が少ない製品を選ぶと、乾電池を取り換える頻度も最小限に抑えられます。

呼び出しベルの設置でお客様を待たせないお店にしよう

販売店や飲食店などでは、お客様が来店されたら素早く対応することが求められます。特に店内面積が広い飲食店や、店内に常時人がいないような販売店の場合は注意が必要です。店員が来なかったり、来店に気付かないようなことがあると、サービスが悪いお店と思われかねません。そのようなことを防止するために、多くのお店で採用しているのが、呼び出しベルなどのコールシステムの準備です。
主にお店の入り口付近の目立つ場所に呼び出しベルを設置して、来店時には押していただくようなメッセージを添えていたりします。この準備があれば、お客様をいつまでも待たせる心配や、来店に気付かない失敗を避けられます。呼び出しベルは簡単に設置できるものが多く、色々な種類から選べます。選ぶ際のポイントは、お店の広さや音の環境などです。
飲食店などはお客様の声でガヤガヤしていることが多いため、呼び出しベルの音がしっかり聞き取れるタイプで選ぶことが大切です。また無線の呼び出しベルの場合、送信機から受信機までの距離が各機器で異なりますから、届く範囲の適切なものを選びましょう。サービス業においては、お客様を待たせることだけは避けたいものです。まだその対策がなされていないなら、ぜひ検討していきましょう。

呼び出しベルは使う場所にベストなスペックの製品を選ぼう

お店や工場に導入するのに便利な呼び出しベルを導入しましょう。口頭で呼び出すとなると、わざわざ持ち場を離れなくてはなりませんし、お店であればお客さんが声に出して店員を呼ばなくてはなりません。呼び出しベルを使えば、場所を離れることなく呼べるので楽で、働く人もお客さんも楽に感じます。コールシステムも、呼び出しベルの一種として役立つものです。これは、病院や飲食店などで導入されていることがあるもので、順番が来たときに持っているベルが鳴って知らせてくれます。待っている間は自由に移動できるので、待ち時間のストレスを軽減するのに役立ちますし、近くにいない時に探す手間が省けるのでこれも業務を効率化してくれます。
これらのシステムは、送信機と受信機をセットで導入します。製品によって使える距離が変わるので、導入する場合はきちんと具体的に使う場所に合った仕様を選んでください。中には中継器を使うことで距離を伸ばせるタイプもあります。単に音が鳴るだけの製品もあれば、呼び出しボタンに割り振った番号が受信機に表示されるタイプもあるなど、呼び出しベルやコールシステムの製品ラインナップは充実しています。したがって、比較してベストな物を導入しましょう。